宅配サービスでグルメを堪能【品数の多さにグルグル目が回る】

便利なサービスを行なっているケータリングを利用する

甘口の味噌

京で作られた味噌の歴史について

西京味噌とは主に京都や関西を中心に食されてきた甘口味噌です。色は淡黄色で、一般的な味噌に比べると西京味噌は塩分が低いのが特徴です。西京味噌は約200年前に宮中の料理味噌として献上されました。また明治維新以降、都が東京に遷都されてから京が西京と呼ばれるようになり、京でつくられる味噌もそれに伴って西京味噌と呼ばれるようになったのです。西京味噌は米麹を含み、薄い色をしていることから白味噌とも呼ばれています。老舗の製造所では、原材料にこだわって厳選された大豆や米麹、塩から作られており、最新の技術をつかって昔ながらの味が再現されています。なおかつ移り変わる人々のニーズにも応える味噌作りが行われています。

西京味噌の今後の動向について

西京味噌は様々な種類の料理に使うことができます。和食だけでなく洋食や中華、デザートに使ってもおいしい料理が出来上がります。和食であれば豚の味噌焼き丼や蒸し鶏の白みそソースがけ、洋食であればパエリアやピラフなどに隠し味として使えます。中華であれば大根餅や棒棒鶏、帆立貝のゴマ味噌炒めなどに最適です。さらに甘みがあるため、チーズムースの白味噌ソース添えや味噌チョコレートケーキといったデザートに使うのもおすすめです。西京味噌は塩分が少なく、生活習慣病の予防にも効果的です。また夜西京味噌の味噌汁を飲むと不眠にも効果があると言われています。おいしいだけでなく身体にも良いため、今後ますます西京味噌の人気が高まるのではないかと推測されます。